【初心者向け】セルをコピぺする方法3選!【Excel VBA】

こんにちは!『ルウちゃんのExcel Labo』管理人の@rouxchanblogです!

今回はこのような悩みについて解説します。

ルウちゃん

VBAでセルをコピペする方法ってどうやってやるの??

目次

はじめに

今回は機能を使って、セルをコピペしてみましょう!

コピペをすると言っても様々な方法があるのでこの記事では汎用性の高い3つの方法を紹介します!

Copyメソッドのみを使う方法

Sub Sample1()
    Range("B2:D4").Copy Range("B6")
End Sub
実行前
実行後

1つ目は最も簡単でコードもスッキリしている方法です。

初心者の方はこの方法だけでも十分なのでぜひ使って見てください!

記入方法

セル範囲.Copy ペースト先のセル

※Copyの後にスペースを入れるのを忘れないように注意してください

値を直接代入する方法

Sub Sample2()
    Range("B6:D8").Value = Range("B2:D4").Value
End Sub
実行前
実行後

この方法は値だけを代入する方法になります。

メリットとしては処理がとても軽いことです。

値だけのコピペの場合はこちらを使うことをおすすめします!

記入方法

ペースト先の範囲.Value = セル範囲.Value

※ペースト先の範囲を先に指定する点に注意しましょう。

PasteSpecialメソッドを使う方法

Sub Sample3()
    Range("B2:D4").Copy
    Range("B6").PasteSpecial
    Application.CutCopyMode = False
End Sub
実行前
実行後

こちらはコピーしたデータをクリップボードに保存し、PasteSpecialメソッドで呼び出す方法です。

すこし難しそうに見えますが、やっていることはいつも手動でやっている「Ctrl+C」と「Ctrl+V」をマクロで実行しているだけです。

是非使えるようにしておきましょう!

最後に記入している「Application.CutCopyMode = False」はクリップボードに保存されたデータを削除するために記入しています。

よくわからないという方はとりあえずこれは記入しておいた方がいいんだなぐらいの認識でOKです!

記入方法

セル範囲.Copy

ペースト先のセル.PasteSpecial

Application.CutCopyMode = False

まとめ

今回はVBAでセルをコピペする方法を3つ紹介しました!

3つとものメリットをしっかり理解することで実務での転記作業などを効率よく行えることができます!

特に値を直接代入する方法はよく使うので試して見てください!!

この記事で少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです!

忘れないうちにお気に入り登録もお願いします!

ありがとうございました!

/// お得な情報 ///

すぐに使えて便利なテクニックが650個も手に入る!

気になる人は今すぐクリック!!

 

目次